沖縄の風ブログ
沖縄の風のように通り抜けて 爽風をあなたへ・・・。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
韓国映画・恋愛の目的
2005年10月28日 (金) 18:18 | 編集


東京国際映画祭コンペティション部門出品作品
恋愛の目的(Rules of Dating)を見てきました
監督:ハン・ジェリム
出演:パク・ヘイル/カン・ヘジョン



興味のある方は下をクリックしてください
ネタバレはありません
チケットが売り切れで見ることが出来ないと諦めていたのですが
上京滞在日程がずれたのと
ヤフーオークションで1枚チケットが入手できたので
行ってきました。
(自分ながらこういうことには根性あるな~と感心します(笑))

チケットが無いといいながら会場に入ってみると
空席もチラホラあり
これって業界人がチケットを配ってそして
見にこない人が多いのねって
少々癪に感じました。
見たい人が見れるようなシステムを考えればいいのにね。

さて、肝心の映画は

rennainomokuteki01.jpg

韓国で絶賛された映画だけのことはあって
普通の恋愛映画ではなく
監督も言っていたけれど(ティーチインに参加)
普通のノーマルな恋愛物語とは違うようなものにしたかった
と、本当にちょっと味付けが違いましたね。

2番目に質問したおじさんが
『日活ロマンポルノにこういうのが30年程前にあった』と
『だから目新しくない・・・・』
と言ったときは会場は失笑のうずでした。

ちょっときわどいシーンも主役二人は
なんのてらいもなくやってのけ
今時の恋愛をあらわしていました

この映画でお涙頂戴とかは絶対になく
一気に最後まで見せる監督の技術は結構すごいと思いました。

主役二人もいい味出していました。
「菊香の香り」で見せた初々しい感じのするパクヘイルはそこにはなくて
ちょっと仕事にも慣れた薄汚れた人間的な高校教師がいます。

カンへジョンは初めて見たのですが
見た感じは清々しく妖精のようなのに実は奥に色々問題を持つ
教師見習を大当たり演技でさりげなく演じきっていました

この映画のすばらしさもあるのでしょうが
大画面で見る映画ってやっぱり良いと思いました

おっと待てよ!!
先日見た「奥様は魔女」も大画面で見たのでした
でも、上映中ずっと寝てたのはなぜでしょうね?






スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ありがとうございました。
パク・ヘイルの出演映画は結構面白いですので、いつもチェック入れてしまいます。

ところでおじさんの質問が面白いですね。
少々例えが古いので比較されてもわからないのがなんですが・・・
2005/10/28(金) 19:26:56 | URL | soon #-[編集]
ティーチイン
soonさんようこそいらしていただきありがとう!

通訳が英語韓国語と二人も居て
一つの質問と答えににそれぞれが訳すので大変まどろっこしいティーチインでしたが
30年前の日活ポルノを引き合いに出すおじさんのこの映画に対する評価はあまりよくなかったようでした。

私は単純に楽しみましたけれどね。
2005/10/29(土) 08:44:54 | URL | マー #YG9ONXHE[編集]
DVDで
この映画をDVDで見ましたが前半は従順で唖然としてみてました。韓国映画でここまでとも思ってしまいました。後半は慣れてしまいましたが。
2005/11/02(水) 11:12:37 | URL | SOPHIL #-[編集]
ようこそ!
SOPHILさん
そう、ちょっと衝撃ではありましたね
韓国映画は内容がすごいもの多いですよ
あのヨン様出演で話題になった「スキャンダル」もちょっと目を覆いたくなるような映画でしたし・・・。

韓国はTVドラマは規制が厳しいですが映画はお金を払って見るのでかなりきわどいものもあるのだと思います
2005/11/02(水) 19:07:28 | URL | マー #YG9ONXHE[編集]
見られてよかったですね。
マーさん、オークションでゲットできてよかったですね!
オークションって何でも買えるんですね。私はオークションデビューしてませんので、よくわからないのですよ。
本当に大胆な映画でしたよね。
でもこのへイル君は嫌いじゃないです。彼の演技力には一目置いてる私ですので(笑)
映画はビデオで見ても内容は同じなんですが、映画館のザラザラとしたスクリーンに映し出された映像がスキな私です♪
2005/11/02(水) 20:39:45 | URL | sala #4ARdecsc[編集]
salaさんこの映画
そう、勧めてくださったのはsalaさんでしたよね
パクヘイルという人はどんな人にでも役柄でなれる人なのですね
全く違う人なので驚きましたよ。

六本木ヒルズの映画館は初めて行ったのですが椅子もゆったりとして気持ちよかったです

うちの子たちもネットで予約して六本木ヒルズの映画館へ行くと言っています。料金は町の映画館と同じで優雅な気分が味わえるからだとか
行ってなるほどと分かりました。
2005/11/02(水) 22:17:08 | URL | マー #YG9ONXHE[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
「恋愛の目的」 (연애의 목적 Purpose Of Love, 2005) これまでの役柄のせいで純粋・繊細・一途といったイメージが付着してるパク・へイルですが、この映画によってガラガラ~っとそのイメージがくずれるのかな?と思ってたんです...
2005/10/28(金) 19:22:43 | 月下独想
今回の東京国際映画祭では初めての韓国映画です。といっても日本映画と韓国映画しか予定してないんですけどね(笑)。映画祭といえども韓国映画はやっぱり日本映画とは客層とは雰囲気がちょっと違うんですねぇ。それでも、いわゆる韓流スター系の作品じゃないんで、年齢層は高
2005/11/13(日) 21:25:15 | カノンな日々
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。