沖縄の風ブログ
沖縄の風のように通り抜けて 爽風をあなたへ・・・。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
映画「トンケの蒼い空」
2005年12月22日 (木) 00:07 | 編集


新宿の映画館K’s cinemaで見てきました。
チョン・ウソン主演です。
他の役の人が目に入らないほど全編すべてがチョン・ウソンワールドの映画でした。


ネタバレはほんの少しです
ほとんど無いです



出演:チョン・ウソン
   キム・ガプス
   オム・ジウォン
監督:クァク・キョンテク
2003年製作 韓国

K's cinemaは客席88席のこじんまりした映画館です。
新宿三越デパートのすぐ裏にあるビルの3階です。
客席もゆったりとしていてとても綺麗な映画館でした。

チョン・ウソンのことを劇場から出てきた観客が
「チョン様」と言っていたのが印象的でした。
だれにでも「様」を付ければいいって物でもないのに。

さてお話は高校も中退してしまって、ボーっとしている主人公
トンケ(雑種の犬の意味)は正義感だけはめっぽう強くて真正直なのです。


でも、トンケは薄汚くてあのカッコ良いチョンウソンはどこへ行ったの?
と思うくらい小汚いウソンが居ます。
よくもこんなに汚く作れたなと感心するくらいです。

お父さんとトンケとの交流がとってもいいのですよね。
ハートフルな田舎の青春物語です。

監督はクァク・キョンテク氏、01年にはあの有名な『友へ チング』で、韓国映画史上最高の観客動員数800万人の記録を樹立して一躍、国民的スター監督になった方です。
『友へ チング』もなかなか良かったとは思いますが何しろ暗い感じがしました。この映画「トンケの蒼い空」は重苦しくはないですね。

立役者はやっぱりトンケのお父さんを演じていたキム・ガプスさんでしょう。愛情溢れるお父さん、どこまでも子供を信じるお父さんを好演なさってとってもすてきでした。
tonke04.jpg

(この方、どこかで見たことあると思ったらGYAOで今見ている「純粋の時代」でやはり主役のコ・スのお父さんを演じていらっしゃいました。)


チョン・ウソンは身なりなど、全然かっこよくないのですが、パンツ1つで戦う場面のウソンは筋肉モリモリで足は長くてとってもかっこよかった。この場面でやっとウソンらしさが出て面目躍如でした。

この映画素朴な映画で華やかさはありません。でも私はこの映画好きです。


gooによる映画説明⇒push

公式サイト

↑この公式サイトのSTORYは詳しすぎると思いますのでくれぐれも
ご覧になる時はお気をつけて

tonke02.jpg

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントとTBありがとうございました。
わたしもこの格好悪い系ウソン、結構気に入りました。 なにより映画の内容が良かったと思います。

言い過ぎていない、でもちゃんとメッセージが伝わる。 そして、暖かいものが流れているので、見終って、ハートがぽかぽかです。
2005/12/22(木) 07:42:19 | URL | ちゃぎ #-[編集]
見たい~
こんにちは
うう、私も見たい・・・
南風原に新しい映画館ができて
もっと沢山韓国映画を上映してくれるのかと期待していましたが、
那覇も北谷も南風原も同じ映画を上映しているじゃないですか!
ちょっと悔しい~
2005/12/22(木) 16:54:29 | URL | にゃおこ(^^♪ #-[編集]
にゃおこ様
南風原の映画館できたのですよね
まずそのことを喜ばなくてはね。

「トンケの蒼い空」もこの映画館で22日まで上映だったので久しぶりに上京してすぐ見に行きました。
東京でもなかなか見ることが出来ない映画は多いです。
メジャーなものはどこででも見ることが出来るのですけれどね。
2005/12/23(金) 00:29:26 | URL | マー #YG9ONXHE[編集]
TBありがとうございました
「頭の中の~」もボサボサなんですね!それを聞いて、ちょっと観る気が増しました。(あまのじゃくなもので。)
2005/12/24(土) 14:09:42 | URL | sabu #-[編集]
コメントありがとう!
>ちゃぎさん
お洒落な映画ではないですよね。
素朴な感じの映画ですね。
暖かいものが流れる物語ですが
あの女性とかはちょっと中途半端な描き方だったと思います

>sabuさん
私も結構天邪鬼です(笑)
人々がバスタオルが必要という物語でもハンカチすら必要なかったりね。

頭の中のチョンウソンは寡黙でひげ面で頭ボサボサそれが格好良いのですよ。
2005/12/24(土) 20:04:44 | URL | マー #YG9ONXHE[編集]
こんばんは。
TB・コメントありがとうございます。
熱く、、、ではないけれど、じんわり温かくなれる作品。
こんなチョン・ウソンもなかなかイイですよねっ!!
やっぱりイイ俳優さんですね。
最新作『デイジー』が今から楽しみです。
2005/12/26(月) 21:43:37 | URL | たまご刑事 #-[編集]
たまご刑事さん
私は映画を観た後感想を書く時他の方の意見は見ずに書くのですがたまご刑事さんのご意見を読ませていただいてなるほど・・・と感心いたしました。
色々な布石が不十分で消化しきれていませんね。納得です。
TBありがとうございました。
2005/12/27(火) 01:16:57 | URL | マー #YG9ONXHE[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
[ トンケの蒼い空 ]@新宿で鑑賞。クァク・キョンテク監督は、いつも不器用な男を描き続けている。監督の目線には、「不器用でいいじゃない」という優しさは全く感じられない。人間のみじめさをきっちり描きながら、その人間像の底であるものを拾い出し、一瞬輝かせてくれ
2005/12/22(木) 01:03:45 | アロハ坊主の日がな一日
「頭の中の消しゴム」でチョン・ウソンが気になる私は今日は、彼のこの映画を見ることに。 新宿で上映はK's シネマだけだと思うけど、水曜日にレディースデーかと思っていくと、女性であることを感謝するこの嬉しい制度は使えませんでした{/face_naki/}。 斜め前のお店で
2005/12/22(木) 07:44:07 | いつか また 韓国へ
「トンケ」なんて日本語で聞くと少しかわいらしい感じさえするけれど、「野良犬」という意味だと知ると、聞こえが違う。小さい頃は、父親の職場仲間に親しみを込めて「トンケ」と呼ばれてもまだかわいげがあるけれど、高校生になり、部活では補欠、先輩の使いっ走り、飼って
2005/12/24(土) 14:07:33 | 映画感想文
トンケの蒼い空/イイノホール/15:00~原題:MUTT BOY監督:クァク・キョンテク出演:チョン・ウソン、キム・ガプス、オム・ジウォン<簡単あらすじ>トンケ(チョン・ウソン)は、韓国の地方都市に住む決してスマートではない青年。高校を中...
2005/12/26(月) 21:27:40 | 『世界の中心で、愛をさけんでると思ったら、中心から微妙にズレてた・・・』
――前々回、夜にでもと書いておいて、気がついたら5日も過ぎてますたよorz さて、気を取り直して「トンケの蒼い空」。 こちらは、もうじき公開される「私の頭の中の消しゴム」のチョン・ウソン主演作。 ただ、現地での公開時期はこちらの作品の方が古く、2003年度の作品な
2005/12/28(水) 20:55:10 | Cinema Satellite Neo
今年大ヒットした『私の頭の中の消しゴム』で人気上昇中のチョン・ウソンが、『武士-MUSA-』の後、『私の~』の前、2003年に出演したのがこの映画。 その3作品を並べてみると、チョン・ウソンはいろんなタイプの役にチャレンジしてるんだねぇ~。 映画も他の二つと比べる
2005/12/29(木) 00:09:21 | toe@cinematiclife
f:id:hondo-lee24:20060129235215j:image 本日は、いよいよ待ちに待った韓国映画の注目作を。 チョルミン(チョン・ウソン)は幼いころに母を病気で亡くし、警察官の父親(キム・ガプス)と2人暮らし。近所をふらふらと歩き、物乞いのように食べ物を恵んでもらっていたこ
2006/01/30(月) 12:04:59 | よんふぁ広場2~HONDOのつぶやき~
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。