沖縄の風ブログ
沖縄の風のように通り抜けて 爽風をあなたへ・・・。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
映画は「ゆれる」
2006年08月29日 (火) 22:47 | 編集


yureru04.jpg


yureru03-01.jpg

この映画は前回満員で見れなかった映画です

どうしても見たかったので
友人を引き連れて行きました

映画はほとんどの場合映画館で見て
お金を払った分元を取れたと思う映画は少ないのですが


この映画は丸でした
以下は他のサイトに書いた文章ですがこちらにも書きます


1月も前から見たかった日本映画
西川美和原案・脚本・監督の「ゆれる」です
公式ページは⇒こちら


西川監督は1974年生まれなんですね~
まだ30歳そこそこなのですね

すごい逸材が出てきたものです
そしてその才能を見事に開花させてチャンスをものにした
この西川監督ってすばらしいと思います

この映画以前から見たいと思って
1月ほど前に映画館へ行って
立ち見なら見れるが・・・・というほど混んでいたのですね

それであきらめてリベンジで今日見たわけですが
見た結果を裏切らない作品だったと思います
最初から最後まで息を抜けないほど
緊迫していて
どんどん引き込まれていきました

しかし映画館は東京ではたった4館のみ
渋谷・新宿・銀座・立川だけです

私が行った立ち見が出るという映画館でも
収容人数は定員80名ですから
満員になった所で日に4回として320人

たいしたことないのですね
パイレーツ~とかミッションインポッシブル2
など沢山の映画館で上映中の映画と最初から
違う土俵で戦っているという感じです

こんな緊張して私の心が渦を巻いて揺れていた映画も久しぶりです
気を抜く場所がないのですから・・・・。

昨晩友人達と4時ごろ寝たので
疲れていて映画館で寝てしまうかと思ったのですが
一緒に行った友人の誰もが眠ることなく
目を真剣に開けて最後まで見通したのだから
やはり面白かったのだと思います

行って得した
そして今でも映画の残像が私の心に残っていて困ります

映画の途中で無音になって画像が止まると見せかける場所が
何箇所かあります
そんなところは「上手い!!」とうなってしまいました

ストーリーは公式ページなどを参照してください
出演:
オダギリジョー(早川猛)
香川照之(早川稔)
伊武雅刀(早川勇・父)
蟹江敬三(早川修・伯父)
田口トモロヲ(裁判官)
真木洋子(幼友達)
木村祐一(検察官)

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
大ヒット!
今見ましたが韓国では異例の大ヒットだそうです。なかなか映画には行かないけど見てみたくなりました。オダジョーさんはすごい人気なんですね。
2006/08/30(水) 10:21:03 | URL | ららこ #2BVK.ZP.[編集]
ららこちゃん
えっ?
韓国で人気なんですか?
日本ではほとんど上映している映画館がないのですよ
沖縄でも上映予定は今のところなくて上京ついでに行ってしまいました

兄と弟の緊迫した関係を描いて
色々兄弟というものを考えさせられました。
2006/08/31(木) 00:50:51 | URL | マー #YG9ONXHE[編集]
元を取れました^^
マーさん、こんにちは!
これ、私は映画館で見ることが遂に出来ませんでした。
で、レンタル開始日に速攻TSUTAYAへ向かって借りてきました。
凄く面白かったので、両親にまで強引にお薦めしました。
色々なこと、考えさせられる映画でしたよね。
確かに、劇場で元を取れない映画と、取れる映画ってありますよね。
これは、元を取れる映画だっただろうな~って思います。劇場で見たかったなー。
TBは、こちらで良かったかな・・?^^
2007/03/11(日) 19:36:16 | URL | latifa #SFo5/nok[編集]
latifaさん
この映画、他の映画が見たいという
うるさがたの友人を無理やり引き連れて見に行ったので
面白くなかったらどんな目に遭うだろうとドキドキでしたが
友人皆が満足してくれたのでホッとしたのを思い出します。

1度しか見ていないので
本当はどうなんだろうと
今でも疑問に思っています

latifaさんはDVD鑑賞ですから
何度も繰り返し見ることが出来ますね

凡々とした日常を送っている兄とチャラチャラした都会で好き勝手やっている弟との対比とか
性格の違い、つり橋のある風景とか映像の美しさなかなか見ごたえがありましたね
大好きな映画です。
2007/03/11(日) 20:46:43 | URL | マー #YG9ONXHE[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
完全にやられました、この映画「ゆれる」には。こういう主要な人間2人の心理を深く洞察えぐる系の映画や小説がそもそも大好きなんです。一杯人が出てくる映画じゃなくて、断然こういう映画がツボ。もうあちこち胸が痛くて締
2007/03/11(日) 19:36:51 | ポコアポコヤ 映画倉庫
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。